診療案内:Service

入れ歯(デンチャー)治療

入れ歯は無くなった歯を補う為の人工臓器の総称です。インプラントやブリッジなどもこの仲間に入りますが、中でも粘膜上に板を乗せその上に歯を作る(有床義 歯)を「入れ歯」と呼んでいます。
義歯には局部床義歯(部分入れ歯)と総義歯(総入れ歯)があり、局部床義歯は1歯欠損からまったく歯がない(無歯顎)までの状態に使用される義歯の事を言い、 全部床義歯(総入れ歯)は残存歯が全く無い症例に使用する義歯をさします。

デンチャーがおすすめの人は?

・歯が抜けてお困りの方
・入れ歯を知られたくない方(保険外のデンチャーの場合)
・健康な歯を削りたくない、手術をしたくない方

デンチャーの良い点

・健康な歯を削らなくてよい。
・手術の必要がなく、手軽にできる。

デンチャーの欠点

・噛む力が弱くなる。
・取り外しや手入れが面倒。

デンチャーの種類

手軽に美しい歯を手に入れる。

デンチャーには様々な種類がありますが、大きく2つに分けると、保険内か、保険外かの違いがあります。
保険の範囲であれば治療だけを目的としたものしかできませんが、保険外だと治療だけでなく見栄えも重視した、審美性を兼ね備えた歯を手に入れることができます。

一般的な保険のバネ

費用が安く経済的だけど、銀色のバネしか使えない。口を開いた時に、すぐに入れ歯だと気づかれる。

保険外のデンチャー

■Iバークラスプ(目立ちにくい形のバネ)

お口を開いた時に、金属の部分が見えにくい。粘膜に均一に力がかかるので、残っている歯の負担も軽くなる。

■スマートデンチャー(床を延長したバネ)

金属のバネを使わないので、見た目がきれいで入れ歯だと気づかれない。水分吸収を抑えたプラスチック素材なので衛生的。

■ゴールドクラスプ(金色のバネ)

ゴールドは、細かい設計が可能で加工も簡単なので、歯にぴったりとおさまる。また、銀色のバネよりお口が明るくきれいに見える。

■カムデンチャー(開閉するバネ)

人工の歯の下に装置を内蔵してバネを開閉する仕組み。入れ歯の取り外しをする時にも、バネをかけている歯に必要以上に負担がかからない。

■コーヌスデンチャー(バネのない入れ歯)

茶筒のふたは、摩擦の力で抜けにくい構造になっているが、これはその原理を利用したもの。バネがないので動きにくいというメリットも。