診療案内:Service

歯周病治療

歯周病は内因(生活習慣)と外因(お口の環境)によって発症し、生活習慣病の一つとして知られています。歯周病の治療は外因の除去(歯石取りや歯のクリーニン グ、外科処置)と環境整備(ブラッシング)によって行われています。
歯周病はお薬を飲んだり、塗ったりして完治することはありません。
院内で行う歯石除去などの初期治療や進行した歯周病に対する外科的処置に加え生活習慣病の一種としてご自宅でのセルフケアがとても重要です。

  • 歯石沈着

歯肉炎と歯周炎

歯肉炎:歯ぐきに限られた炎症状態(軽度)
【症状】
  • ・歯肉に発赤
  • ・腫脹(赤く腫れること)がある。また、膿がでることがある。
  • ・歯石が目立つ。(歯の裏側がざらざらしている。)
  • ・口臭がする。
  • ・歯みがきをしたら出血する。(あるいは、歯ブラシに血がつく。)
  • ・歯が浮いた感じや歯肉がしみたりする。(実際は歯肉だが、歯のつけね(きわ)がしみるように感じる。)
  • 歯肉炎

  • 歯肉炎除石後

歯周炎:炎症が拡大し、歯を支えている骨や靱帯などの組織が破壊された状態(中度・重度)
【症状】
  • ・歯肉炎の症状がある。
  • ・膿が常に排出されていて、口の中が苦くなる。(口臭もひどくなる)
  • ・歯がぐらぐら動く。(ものが噛みにくくなる。)
  • ・ものを噛んだら、歯(歯の根の先端、奥深い部分)に痛みがある。
  • ・重症化すると最後には、自然に歯が抜ける。(落ちる)
  • 歯周炎

  • 歯周炎除石後

  • 歯周炎除石後

  • エンドペリオ