院内設備:Equipment

CT

一般的な歯科で使用されているデジタルレントゲン写真は、平面的な2次元撮影であり3次元的な立体構造体である顎の骨や歯の形態を正確に表現し診査することはできませんでした。
X線断層撮影装置:CTでは立体的な3次元撮影が可能であり、従来の方法でははっきりと把握できなかった歯周病、根の治療、あごの骨の形態および歯の無い部分の状態を正確に把握することができます。
また、歯科用CTはX線線量が低いため医療被ばくが非常に低く抑えられるのが特徴です。

マイクロスコープ(手術用双眼実体顕微鏡)

口腔内では、殆どの領域で処置を直視下に行うことはできません。
現在手術用双眼実体顕微鏡,双眼ルーペ、内視鏡などが拡大機器として臨床的に応用可能であるとされています。
しかしながら、ある程度以上の拡大率下での処置は顕微鏡以外には不可能であり、しかも顕微鏡を覗きながらリアルタイムで実施できる利点は他の機器にはない特徴です。
当院ではドイツ製の最新型マイクロスコープおよびリアルタイム録画システムを導入し、マイクロスコープ下の精密治療を提供しています。

位相差顕微鏡

歯周病の原因は口腔内に無数に生息する細菌です。
一般的な細菌検査では検体(歯垢や歯周ポケット内の資料)を顕微鏡で観察しますが、コントラストに乏しい細菌を明瞭に観察することは困難です。
また、固定や染色操作によって細菌は死滅するので、生きたままの状態で観察することはできません。位相差顕微鏡は細菌に良好なコントラストを与え生きた状態で動きや生態を観察することができます。
歯周病治療には欠かせない機器の一つです。

CO2レーザー装置

歯科用レーザー装置の中でも、CO2レーザーは組織の蒸散、焼灼や消毒に用いられます。
当院では切開や歯肉のメラニン除去等に用いられています。メスによる切開と比較し痛みも少なく、治癒も速いのが特徴です。小児の小帯切除に有効な機器です。

衛生管理

血液や唾液等の体液に触れる機器や設備はすべてスタンダードプリコーション(標準予防策)の概念に従って管理されます。
患者さんごとの使い捨てを原則として院内感染防止や環境整備を目的に医院内の衛生管理を徹底しています。

滅菌消毒

当院では、タービン・エンジン等の切削器具を含め、すべての診療機器を患者さんごとに滅菌消毒しています。

治療用の機器は衛生管理の原則に従って、滅菌処理されています。
切削用具はもとよりエンジンやタービンのすべてが一回ごとに滅菌消毒されています。
膨大な量の機器が必要で、設備にも費用がかかることからすべての歯科医院で導入されているとは言えない現状ですが、ホワイト歯科グループでは感染予防対策指針にのっとって対応されています。